賃貸か持ち家かで悩むときは

賃貸か、所有か、住宅の関わり方についての議論を深める

よく住居に関して賃貸が得か、購入が得かという議論があります。日本では持ち家比率が高く購入を好む人が依然として多いとは思いますが、購入して住宅を保有した場合のメリットはまずしっかりした作りの家なら子供にそのまま相続できるという利点があります。持ち家なので自分の好みに合わせて内装も変えることができますし、子供が増えれば資金に余裕があれば増築も可能です。一方デメリットとすれば、会社員勤めの場合転勤もつきものですが、住宅まで持っていくことはできません。時には単身生活を強いられることもあります。また固定資産税を支払う義務や住宅が古くなれば改修費も必要になってきます。しかし老後にはちゃんと住む家もあり、家賃もいらないメリットもあります。

一方賃貸の場合はもちろん毎月の賃貸料を支払う必要がある一方で、個人のライフスタイルの変化に合わせて場所を移動することで弾力的に対応できます。転勤に合わせて住む場所を会社近くに変更したり、子供が複数生まれて手狭になればそれに合わせて広い場所に引っ越しすればいいでしょう。固定資産税も払う必要もありません。ただ所詮賃貸物件はオーナーさんのものなので勝手に内装を変えたり、レイアウトをいじったりもできないところがネックです。さらに老後も賃貸料を払い続けなければならないので、購入物件が最初の段階で出費が多いのと比べると、賃貸は後半にも出費がかさんでくると言えると思います。最近は車の保有も一家で数台持つのが当たり前になってきましたが、賃貸だと家賃に加えて駐車場料金も必要です。その金額も数台だと無視できない額になります。

どちらがいいかは、やはり住む人がどういう関係の仕事をやっているか、どれぐらいの年齢でその物件と関わるか、家族構成はどうなのか、どんな家が好みなのかなど、多くの要素が意思決定に関わってくるので一概に判定を下すことは難しいと思います。ある統計では賃貸と購入の生涯にわたってのトータル支出はほとんど変わらないと言われています。それが事実なら、あとはライフスタイルとか好みの問題でどちらかを選択したらいい、ということになりますね。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸か持ち家かで悩むときは.All rights reserved.