賃貸か持ち家かで悩むときは

賃貸の敷金と礼金は別物である

賃貸情報を見ると殆どの賃貸物件において敷金と礼金を見かけますね。この敷金と礼金とは名前が違うだけではなく、その性質も全くの別物なので、それぞれを区別して把握しておくようにしましょう。初めてお部屋を借りて一人暮らしをする時は、敷金と礼金の意味が分からない事がありますね。

敷金と礼金の性質を分かりやすく言うと、敷金はお部屋を退居する時に戻ってくるお金、礼金は戻ってこないお金です。敷金は頭金としてお部屋に入居する時に大家さんに一定の金額を預けます。お部屋を退居する時はお部屋の状況によってクロスを交換するなど、リフォームが必要な事があります。そのような時に敷金から費用が引かれて、残った金額が返還されます。礼金はお部屋を貸してくれる大家さんへお礼として支払うというお金なので、これは戻って来ません。このような性質の違いがある事をしっかりと覚えておきましょう。

賃貸物件によって敷金があるかどうか、礼金があるかどうかは異なります。敷金礼金の両方を支払う必要がある賃貸物件情報が多いですが、敷金も礼金も必要ない賃貸物件もあるので、しっかりとこれらの項目を見ながら賃貸情報探しをしていくことがポイントとなります。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸か持ち家かで悩むときは.All rights reserved.